2013年3月6日水曜日

手当て、ビワ。

1歳7ヶ月になる次男の肌の乾燥が気になり。
先日友達の子が乾燥がひどいと言って、我が家で漬けたビワの葉の焼酎漬けをお裾分けしたばかりでその子はすぐに良くなったというので、次男にもお風呂後につけることに。
でもどんどんひどくなっていった。

その間卒乳をしたこともあって、夫にお風呂を任せ、お乳をせがまれないようになるべく手早くビワエキスを漬けてパジャマを着せていた。

乾燥まだしているな〜くらいには思っていながらも、ただただエキスをささっとつけてあげるだけで、自分で引っ掻いてひどい状態になってから、改めて何とかしなくてはと思いはじめた。

ビワで良くなった子にその事を話したら、「ビワの後保湿してる?何かクリームでもオイルでも保湿してあげて。それから良く触ってあげるといいみたい。アトピーの子でもやっぱり触ってあげるのが大事なんだって。」と逆に大切な事を教えてもらった。

いつも手当てといって子どもをさすったり、マッサージを施したりしているにも関わらず、卒乳の事で頭が一杯できちんと手当てしてあげる事を忘れていた。
基本はやはりタッチング、手当て。反省した。それからはエキスをつけて保湿用にベビークリームをぬりながらよく背中や脇、お腹と触っていたら、自然と良くなり始めた。

おとなだって必要。
ただ凝り固まった背中や肩、手の平、冷えている部分にそっと手を当ててご自身の手のぬくもりと相手の温度が混ざりあえば、それだけでリラックスし、暖かさを感じ、緩んでいくもの。お通じが良くなければお腹に当てるのもとても良い。
もっともっと、家族や友達にも手当てしていこう。



0 件のコメント:

コメントを投稿